2013年09月29日

長靴を履いて

小学生以来の長靴を履いて
昨日、復興ボランティアに行ってきたコウ
農地の細かいガレキ拾いの作業をしたそう


高速道路が砦になって津波が止まったとう
仙台の東部の地区はまだ一面の荒野で
高速の西側は何もなかったかの如く
都会の風景が広がってて
初めて目の当たりにする
とても不思議な光景と
拾っても拾っても拾いきれないガレキに
ショックと疲れは隠せない様子

何をもって復興というかはわからないけど
すぐ隣の県の忘れてはならない現実…










  

Posted by あかねぎ at 13:12Comments(0)